« デモクラシーの原点とは?―参議院議員選挙の前に | トップページ

2016年11月11日 (金)

タイ国王の崩御に際して

タイのプミポン国王(ラーマ9世)が1013日に崩御された。「国父」として広く国民の尊崇を得ておられた国王で、筆者のタイ人の友人たちはFacebookの写真を一斉に黒一面にして悲しみを表している。

プラユット首相は公務員に1年間の服喪を命じ、国民にもそれに準ずるように勧めている。そのため黒い衣類の売り切れが続出し、値段を2倍、3倍と吊り上げて売る商店も現れた。

政府は黒い紋章を配布して、「これを付ければ服喪の気持ちが表される」としたが、バンコクに行った友人の話だと、本来無料であるはずの紋章を有料で売る輩も現れたという。どこの国にも便乗して金儲けを考える御仁はいるようだ。

タイで国王が国民の尊敬を集めるようになったのは、実はそれほど古い時代からではない。1932年にはそれまでの絶対王政が立憲君主制となった。そもそも国王自体がアメリカやスイスに滞在してタイ国内にいないことも多く、第2次大戦後の王室の権威は必ずしも高いものではなかった。

それを一代で立て直したのがプミポン国王である。国の隅々まで、貧しい地域へも(いや、貧しい地域だからこそ)自ら足を運ばれ、貧困対策、農村開発、医療、教育などのロイヤルプロジェクトを次々と立ち上げられた。タイ政府の官僚が国王の知識に「これほど地方を知っている人はいない」と舌を巻いた話は有名だ。

1960年代からの反共政権が国家統合のシンボルとして国王を活用したこともあり、国民の国王への関心はさらに高まった。大学の卒業証書授与にも国王陛下はじめ王族の方が足を運ばれた。タイのエリートの家庭に行くと、王族から卒業証書を授与されている記念写真が必ずと言ってよいほど誇らしげに飾ってあるのはそのためだ。

1970年代から国王は政治的にも活躍されるようになった。タイ国内には経済格差や階層からくる国内対立が存在する。そのような対立に絶妙なバランサーとして尽力された。「タイのクーデターは怖くない。なぜならほとんど無血のクーデターだから。一番怖いのは国王が亡くなったXデーだ」と聞かされた在タイ日本人は多いだろう。

その「Xデー」がついに来た。タイ国民の悲しみは深い。現在のプラユット政権は20145月にクーデターで成立したが、そもそもクーデターの遠因は「Xデーを軍政下で迎えるためだ」という人もいる。この2年間、プラユット首相は今日のために周到な準備をしてきたように見受けられる。

軍内部をしっかりと抑え込み、今後最低5年間は軍の強力な関与が続けられるような新憲法も決定した。短期的にタイが混乱するとは考えにくい。

しかし、タイ人の王室への敬慕は、何よりプミポン国王への属人的なものであった。どんな英明な人物にも人間としての限界はある。「国王を中心としたデモクラシー」と憲法にも明記されたタイ独特の政治システムも、長期には変わらざるを得ないものと思われる。

(某紙に掲載したものです)

« デモクラシーの原点とは?―参議院議員選挙の前に | トップページ